性病にご注意

性病にかからないための経路確認と防護策

セックスは、人間の最も本能的な娯楽とも言える物で特にそれは近年のセックスがよりオープンになってきたことで、セックスフレンドを作ったり風俗の安価化によって風俗に行きやすくなったことによって、より娯楽的にセックスを楽しめるようになりました。
しかし、そのセックスを楽しむということも気をつけないと後で大変なリスクを負ってしまうことになるんですね。

 

セックスの時は性病に気をつけよう

セックスであまりにズボラにやりすぎると危険な目にあってしまう物が性病です。
性病には色んな種類があるので、これさえしておけば絶対にかかることはないというような物ではないです。
とは言え、基本的に性病になる経路はパターン化していますのでまずはそれを紹介しましょう。

 

性病になってしまう経路について

おもに、性病の原因になる菌を持っている人とセックスをすること。
性器が不潔になっていたり、不衛生な状態にして放置している場合。
そして、性器に傷がついたりしてそこから菌が入り込んだ場合などといった経路を挙げることができます。
これらの共通点は、どれも性器関係の状態に対して無頓着なことで起こる物だということです。

 

性病を防止するにはどうしたらいいか

まずは、基本的に清潔にし続けることですね。
セックスの後や、オナニーの後なんかはもちろん毎日お風呂に入る時に丁寧に洗っておく、お風呂の後もちゃんと水気をとる。
下着を毎日替え、下着はちゃんと洗濯したものを身につけるといった日常的な部分で殆ど防止することができます。
そして、人から伝染させられてしまうような場合の性病に関してはセックスをする際は必ずコンドームを着用してからにするということでほぼ100%防止することができます。
コンドームは避妊のためだけの物という風に考えている人がとても多いのですが、実は性病防止にもかなり高い効果を期待することができますので、性病にかからないようにするという意味でもコンドームをつけましょう。